フォレストガーデン見学をご希望の方へ

新潟県十日町市松之山黒倉にある果樹園「フォレストガーデン」に興味を持っていただきありがとうございます。

2018年から「エデンの花畑」の耕作放棄地を十日町市より借りて、協生農法を実践しています。また十日町市室野で買い取った山の一部を協生農園「フードフォレスト」として新規造園予定です。

協生農法については、三重県伊勢市の(株)さくら自然塾の大塚隆さんが講習会をされ、またブログ「野人エッセイす」や書籍で説明されています。ソニーコンピュータサイエンス研究所の舩橋真俊さんが、協生農法(訳語Synecoulture)の研究を続けられています。「協生農法実践マニュアル2016年版」も発行されました。

私は2017年秋に協生農法に出会い、伊勢市での講習会に参加、大塚さんと社団法人シネコカルチャーの講師で舩橋さんのアシスタントリサーチャーでもある太田耕作さんの講演を聞き、マニュアルを読み、大塚さんのブログに日々学びながら、新潟県十日町市で、実践を重ねています。

協生農法とは何か、他の農法との違いなどの質問の答えは、全て大塚さんのブログで確認することができます。協生農法をどのように始めたらよいのかについては、実践マニュアルに書かれています。また、私が協生農法に関するご質問にお答えすることが出来ない理由も、大塚さんのブログをご参照ください。

このことをご了承いただいた上で、農園の視察やボランティアにお申込みください。


フォレストガーデンは、耕さず、肥料を施さずに果樹200本以上を栽培しています。果樹の周りには、多年草、1年草、キク科、バラ科、アブラナ科、シソ科、セリ科など多様な野菜、野草、ハーブ類などが混植・密植しています。


農園視察の内容とお申込みについて

・農園の見学

(基本的にはフォレストガーデンですが、フードフォレスト予定地もご希望があればご案内します。)

・体験(植樹、定植、播種、収穫など季節や天候により組み合わせが変化します)

・交流(季節の果物や農園で採取し乾燥した野草茶)

・お土産(種や苗など協生農法の実践に役立つものをお分けします)


日帰りプラン(月・火・水)ランチまたは休憩をはさんで日中4時間程度

1泊2日プラン(木・金・土・日)1日目夕方15時半以降、2日目午前10時まで


料金

日帰りプラン、1泊2日プランとも農園見学体験料 5,000円

基本的には、車での移動が必要となります。
公共の交通機関でお越しの場合は、1~2名まで送迎できる場合があります。

お車でお越しの方は、3000円~松代の古民家に宿泊できます。農園まで車で15分です。
また、農園から徒歩7分の場所に「醸す森」があります。こちらに宿泊していただくのも便利です。

交流会をかねたお食事(夕食またはランチ)をご一緒する場合は、近くの飲食店、または温泉施設に併設の食堂、古民家での自炊、ケータリングなどが可能です。お申し込み後に相談して決めます。

当日の準備

作業しやすい服装(肌が出ない長袖長ズボンがおすすめ)、長靴または足首までかくれる履物、手袋、帽子、水筒、虫よけスプレー、収穫袋、あれば草刈り鎌などの道具

農園にはトイレや水道、自販機はありません。最寄りのお手洗いまで車で5分程かかります。


ボランティアについて

協生農法の書籍、実践マニュアル、大塚さんのブログの読者で、農園見学体験プランに参加済みの方は、2回目以降は無料で農園での作業に参加することができます。宿泊費をこちらで負担し、3~5日程度の受け入れをしています。通える距離の方は、数時間から単発でご参加いただけます。


お申込み、お問い合わせ

contact@foodforest.jp

green philosophy 大出(おおで)



これまで多くの方から見学希望のご連絡をいただいていたにもかかわらず、長らくお返事をお待たせしていました。農園にただいるだけで、とても気持ちが良く、晴れの日も雨の日も、元気な日も疲れている日も、嬉しい日も悲しい日も、どんな時も、ただそこにいたくなる、私にとって、一番のお気に入りの場所でもあります。

3年目にして、協生農法のことがだいぶわかってきました。協生理論の理解についてはまだまだ勉強中です。誰よりも理解が遅く、遠回りをしている私だからこそ、これから始める方や興味を持っている方が、より快適な道を選び歩く参考になれるのかもしれません。(笑)


Comments