フルーツを食べよう、そして種からフルーツを育てよう

自然界で人間に食べられて喜ぶのは果実しかない。種を運んでもらうために、熟した時に最高に美味しくなって、「食べて」とアピールする。人間にとって果物がおいしいのは自然なことで、果物にとっては、人間に食べてもらうことで、目的を達成する。種をちゃんと土に返せば。

「果物を食べて、その種を土に返す。」これさえすれば、後は何もしなくてもいいと思うくらい大事な仕事。

ニュージーランドで滞在していた農園で、朝起きて玄関を開けると目の前に桃の木があって、熟れた桃を木からとって食べた時に、何かのスイッチが入ったのだと思う。

あの感動を毎日、日本でも、誰でもが味わえるように、そのために果樹を植えはじめ、フード・フォレスト・ジャパンがスタートしました。



具体的な活動

フルーツ・ビュッフェ

食べた果物の種まき

食べた果物から育てた果樹苗の定植

さるなし・あけび・グミ・桑の実など山に自生する果実の収穫と保存

Comments